2005年04月28日

レール付着は敷石 置き石原因説ほぼ消滅

<尼崎脱線事故>レール付着は敷石 置き石原因説ほぼ消滅

 JR福知山線の脱線事故で、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は28日、脱線現場のレール上に付着していた白い粉末についての分析結果を発表した。粉はいずれも、組成・成分が現場軌道内のバラスト(敷石)と一致。事故調はバラストの粉砕痕と断定し「脱線の原因とは考えにくい」とした。JR西日本が当初示唆した「置き石」が原因となった可能性は、ほぼなくなった。

白い粉は、列車の6〜7両目周辺などの左右レール上に断続的に付着し、レール下にも落ちていた。事故調は26日、7両目下の左右レールと7両目最後部から4〜5メートル後方の左レールの計3カ所に付着した粉を採取。専門機関でX線や顕微鏡を使って検査した。7両目後方の左レール部は、JR西日本が人為的な「置き石」ではないかと指摘していた。
 検査の結果、3カ所の粉はいずれも鉱物組成が石英や雲母、粘土など、成分もケイ素や酸化アルミニウム、酸化カリウムで、現場のバラストの黒雲母花こう岩と一致。セメントなどの成分や他の異物も含まれていなかったという。
 記者会見した事故調の福本秀爾事務局長は「テロの可能性を含め、外部から(人為的に)持ち込まれたものではない」としたうえで「脱線の事象の中で、車が巻き上げるなどして引き起こされたと思う」と述べた。
 過去3年間の脱線事故では、落下した岩に激突して脱線(03年7月のJR九州・長崎線事故)したケースはあったが、小さい石(今回のバラストは6.3センチ四方以下)が原因となった事例はない。今回の事故時は、3〜4分間隔で現場を列車が通過する状況だったことも合わせ、事故調は「置き石原因説」を事実上否定した。続きを読む

福知山線衝突脱線事故は懲罰人事の結果では?

ニュースを聞いているとどうも引っかかる点がある。

尼崎脱線事故が起きた福知山線はダイヤが厳しく運転が非常に難しい場所だったろ報道されている。
かつ、運転士は運転歴一年未満で勤務態度も未熟だったとも言われている。

そんな未熟な運転士をなぜ難しい路線に配置したのだろうか?
という疑問がわいてくるのはきわめて自然なのではないだろうか?

このような場合、通常は、どうやら地方路線に勤務させるようである。そして、修行をして立派な運転士になるわけである。しかし、今回はまったく逆の措置がとられている。いったいなぜだろうか?

福知山線は運転士にとって人気の無い路線だと介される。難度が難しすぎて、査定に響きやすいのは容易に想像できるだろうから。
今まで好成績を収めてきた人々が自分の希望通り(成功してほしいと思う人事の希望通り)いい路線に決まっていくならば、福知山線はアマリの路線になる。加えて、某運転士は、過去に難度もミスをしている。次にミスをすれば、首かもしれないし、する理由にもなる。

ということは、JR西日本側は、次なる運転士のミス、そしてそれに伴い辞めさせることを想定の範囲内に置いた上で、人事を決めたのではないだろうか。

いわばミスに対する懲罰人事ではないか。適正な人事とは思えない。

これは尼崎脱線事件と呼ぶほうが適切だと思います。

置石の可能性・置石について考えてみる

過去の事件を紐解きながら、今回の置石の可能性、今後の展望について考えます。

2005年03月06日
置き石ならぬ置き自転車 - 大阪環状線

6日午前5時5分ごろ、大阪市天王寺区茶臼山町のJR大阪環状線内回りの新今宮―天王寺駅間で、大阪発天王寺行きの普通電車(8両編成)が線路上に放置された自転車と衝突、約150メートル引きずって停止した。
 乗客約20人にけがはなかった。電車は約20分後に運転を再開、後続電車1本が運休、計6本が最大16分遅れ、約1000人に影響した。
 天王寺署の調べでは、現場の約7メートル上を府道「大阪和泉泉南線」(谷町筋)が通り、線路の両側は高さ約8メートルのフェンスで覆われて外部から侵入できないことから、同署は何者かが府道の金網のフェンス(高さ約2メートル)越しに自転車を投げ落としたとみて、列車往来危険容疑で捜査している。

そのほか、置き自転車の事件が実は何件か起こっているようです。加えて、置石はもっと多くの頻度で起こっています。にも関わらず、置石による脱線は有名な一つの事件くらいしか聞いたことが無い。電車の小さな石くらいなら簡単に排除できるタイプの車種だったこともあり、置石による被害は少なくなっていると思われます。

置石は今回はJR西日本の作ったお話の可能性が高いと思います。


ちなみに、置石とは…
 置石は列車妨害の中で最も多いものである。列車の安全走行を脅かす,線路上 の障害物に対しては,踏切障害物検知装置があり,年々普及してきたが,これは踏切道の中という限られた地域で,主として自動車を対象として検知するものである。
 ところが置石に関しては,列車妨害となる区域が長大で,また対象物の形状等も多岐にわたるために,これを全てカバーできる検知装置の開発および設置は極めてむずかしい。
 列車に装備された排障器である程度まで置石を排除できるが,排障器に触れない程度の大きさの石には効果がない。

という説明が日本民営鉄道協会のHPにあります。http://www.mintetsu.or.jp/dictionary/a/159.html

また、こういった見解もあります。
http://nakahata.blog.ocn.ne.jp/4559/2005/04/post_ea28.html

すでに置石が頻発していて、それに対して万全の注意義務があるため、脱線の言い訳にはならないというお考えです。私も賛成します。

http://plaza.rakuten.co.jp/maxasayu/
こちらのBLOGを参照させていただいたところ、

(往来危険)
第百二十五条  鉄道若しくはその標識を損壊し、又はその他の方法により、汽車又は電車の往来の危険を生じさせた者は、二年以上の有期懲役に処する。
2  灯台若しくは浮標を損壊し、又はその他の方法により、艦船の往来の危険を生じさせた者も、前項と同様とする。

(汽車転覆等及び同致死)
第百二十六条  現に人がいる汽車又は電車を転覆させ、又は破壊した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
2  現に人がいる艦船を転覆させ、沈没させ、又は破壊した者も、前項と同様とする。
3  前二項の罪を犯し、よって人を死亡させた者は、死刑又は無期懲役に処する。

(往来危険による汽車転覆等)
第百二十七条  第百二十五条の罪を犯し、よって汽車若しくは電車を転覆させ、若しくは破壊し、又は艦船を転覆させ、沈没させ、若しくは破壊した者も、前条の例による。

ということらしいです。が、はっきりいって甘いと思います。
さらに、実際には損害がきちんと請求されていなかったり、(最近は請求も多い)、子供のいたずらとして甘く処理されることが多いようです。このように多くの人を危険にさらす行為は死者が出たとか結果に起因して処罰が決まるのではなく、置石という行為自体をもっと厳罰に処するべきだと思います。

また、置石よけについてですが、雪かききみたいなやつがタイヤの前についていたのですが、何かが前にあると考えると、先端が丸く、何かがあれば横に押し出すような形のほうが、いいようなきがします。この辺は専門家ではないからわかりませんが
。。。

2005年04月27日

救出活動続く脱線事故、死者100人超か

 兵庫県尼崎市のJR福知山線で25日朝、快速電車が脱線した事故で、県警捜査本部(尼崎東署)や尼崎市消防局は、27日未明から朝にかけ、線路脇のマンションに衝突して大破した2両目に閉じ込められていた乗客を次々に運び出したが、全員が死亡しており、同日午後6時現在の死者は95人、負傷者458人に上った。


 収容された死者の多くは2両目から見つかったが、マンション1階に突っ込んだ形で横転している1両目には、まだ少なくとも十数人が閉じ込められており、今後、本格的な救出作業が進めば、犠牲者が100人を超える恐れが強いと県警は見ている。

 死亡が確認されたのは男性が52人、女性は43人。

 2両目に対する救出作業は26日夕から本格化。重機を使って車両に開口部を作り、レスキュー隊員らが進入し、乗客を捜索した。

 特に、マンションに巻き付くように「くの字」型に折れ曲がっていた車両中央部付近を中心に、26日夜から27日朝までに18人の遺体を収容した。

 2両目に関して、同消防局は、「まだ2人ほどが車内で倒れているようだ」と話しており、さらに捜索を続ける。

 救助活動は、乗客を運び出すスペースを確保するのに難航し、何度も中断。開口部をさらに広げたり、座席シートや壁面をはがしたりするなどの作業が断続的に行われた。

 このため、同消防局が当初、同日朝までには着手できると予想していた1両目の捜索は大幅にずれ込んでいる。

 一方、尼崎市西長洲町の市記念公園総合体育館に設けられた遺体安置所には、新たに見つかった遺体が次々に運び込まれた。

 県警によると、収容された死者のうち、計83人の身元が判明しているが、安置所には、安否を気遣う家族や知人ら約100人が徹夜で待機。遺体が運び込まれるたびに、その特徴や所持品などの情報が県警側から伝えられた。

尼崎脱線事故画像

尼崎脱線事故画像が下記BLOGにて公開されているようです。TVキャプチャーかつ小さいですが。
http://blog.livedoor.jp/lovemedia88/


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。