2009年08月15日

台風8号の死者は500人以上

<台湾>台風8号の死者は500人以上 馬総統

台湾の馬英九総統は14日、昨年5月の総統就任以来、初めて国家安全会議を招集し、台風8号による死者が500人以上との見方を示した。台湾中南部で大きな被害が出てから約1週間たち、同会議がようやく開かれて全体の被害規模が公表されるなど、対応の遅れに市民からは失望感が広がっている。

 馬総統は会議で、ちょうど50年前の1959年8月に667人が死亡した大水害と比較し、「程度は今回の方が上回る」と指摘。台湾全体で救済と復興を進めていく方針を示し、「被災者が早く正常な生活に戻れるようにしないといけない」と話した。

 また、土石流による生き埋めで300人前後の死亡が13日にほぼ確実になった高雄県甲仙郷小林村については、約380人が生き埋めになったとみられると述べた。

 防災当局は14日夜までに、死者121人、行方不明者53人と発表。家を失った人は7000人余りで、財産の損失は500億台湾ドル(約1450億円)超に上る。
posted by k at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新規災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125726813

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。