2005年01月06日

三宅島民ついに帰島らしいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050105-00000261-jij-soci

良かったですねー。
このごろ災害が多すぎて、一個起こったら前のが忘れられてしまうのは
悲しいことです。災害復興には時間がかかるので、継続的に支援する体制が
必要だと思うのですが、みんなの意識は常に一過性のものです。
なんとかならないものですかね。
そのへん再考の余地ありです。
あらかじめ災害用の寄付とかしとくほうがいいのでしょうか?
また、寄付した金がどう使われてるかも結構みんなあいまいですが、
ちゃんと公表し、自慢できるくらいのレベルにしてほしいものです。
職員の給料とかに結構使われたりもしてるみたいです。
その辺の監査制度に対しても一言物申したいですが、
援助が少なくなるのも困るので、個人の立場からではなかなか難しいところです。
ちゃんとした機関をみつけて援助しましょう。というか一回自分自身で調べて
みたいと思います。まとまったら報告します。
posted by k at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 三宅島噴火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1489990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。