2005年06月20日

懲りてないJR

JR福知山線、事故現場で特急が速度超過で緊急停止

 20日午後6時20分ごろ、兵庫県尼崎市のJR福知山線の脱線事故現場のカーブ手前で、新大阪発豊岡行き特急「北近畿」(7両)が走行中、旧型の自動列車停止装置「ATS―SW」が作動、非常ブレーキで緊急停止した。

 特急は約2分後、同装置を解除して運転を再開。乗客約150人にけがはなく、後続に影響はなかった。

 同社は「運転士のブレーキ操作のタイミングが遅れ、制限速度を超過した」としており、報告を受けた国土交通省は同社に厳重注意した。

 JR西日本によると、現場カーブは制限時速60キロ。ATS―SWが作動する速度は、余裕を持たせて70キロに設定しており、10キロ以上速度が超過していた可能性がある。特急が停止したのは、脱線事故現場の対向の下り線で、事故後、制限時速を超えた場合にも作動するようATS―SWを改良した機器を設置したばかりだった。

 同社は、運転士から詳しく事情を聞いている。


これは一体なに?
あまりにも再発が早すぎる。やはり遅れたら回復運転をしなければならない体質が改善されて
おらず、運転士が焦っている様子がありありとみえる。
賠償交渉も長引きそうだし、まったく懲りていないとみるのが妥当かもしれない。

そもそも賠償がいつまでたっても同じ額という考え方がおかしい。一定率での現在割引価値で判定すべきだと思う。そうしないと早く賠償を払うインセンティブがない。
忘れてはいけないものまで忘れてはいけない。
この記事へのコメント
10月18日〜19日に本社 査察
同日に

JR西日本 
大阪駅長 大阪駅構内関係者と草津温泉(ホテル一井)に懇親旅行
及び
軽井沢でゴルフコンペを開催。
Posted by at 2006年10月18日 14:29
10月18日〜19日に本社 査察
同日に

JR西日本 
大阪駅長 大阪駅構内関係者と草津温泉(ホテル一井)に懇親旅行
及び
軽井沢でゴルフコンペを開催。
Posted by 山下慶介 at 2006年10月18日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4494102

この記事へのトラックバック

それは、逆
Excerpt:  とりあえず日韓首脳会談は何も生まず終わったようです。政府専用機の燃料が無駄だったというわけです。  しかし、ニュースなど見てますと日本の国旗が焼かれたりしているわけですが、つくづく不思議です。日本..
Weblog: 日々不穏なり
Tracked: 2005-06-21 01:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。