2006年08月12日

落雷

上野で落雷が起きたので山の手線がしばらく止まってます近いはずの駅がかなり大回り。
当たり前だと思っていたものがなくなると、その時初めてわかる価値があります
なくなる前に最大の対策をする必要があることは頭でわかっていてもなかなか難しい〜でも大切なんですよね。とりあえず不便です。
【関連する記事】
posted by k at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

パキスタンで地震

ありました。更新遅くなりすみません。

色々と支援活動が報道されています。

日本からも自衛隊がいったようです。

日本人も犠牲になったようです。

日本で同じことが起こったら?日本の建築は大丈夫でしょうか。

海外の建築は日本よりもろいことが多いです。公共事業を輸出すべきだとほんと思います。

災害が起こって人が死んで、それは仕方なくても、予防はできるはずです。

日本はそこそこ予防をしてますが、他の国は予防をしてないところも多い、しかも今回は
もともと地震の多い地域だそうですね。

災害予防の文化と技術を輸出していくべきだと思います。繰り返さないために。
posted by k at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

3000人が新幹線に缶詰め 停電、駅間で立ち往生

3000人が新幹線に缶詰め 停電、駅間で立ち往生

 宮城県南部の地震で16日、東北新幹線は福島(福島)−白石蔵王、仙台−古川(以上、宮城))間の2カ所で架線が切れ停電。東京−八戸(青森)の全線で運転が止まった。夕方になっても岩手、宮城両県内で計4本が駅間で立ち往生したままで、乗客計約3000人が車内に缶詰め状態となった。
 JR東日本によると、地震発生当時は上下で14本が走行中。いずれも地震を感知して自動的に非常ブレーキが作動、緊急停車した。
 仙台駅近くに止まった2本の列車の乗客計約1000人は、扉につけたはしごで線路上に降り、駅員や乗務員の誘導で高架橋を歩いて仙台駅にたどり着いた。宮城県内の白石蔵王−仙台間では、乗客約500人が保守車両用の通路から高架下に下り、バスで仙台に向かった。
 JR東日本は郡山(福島)−いわて沼宮内(岩手)間で作業員が徒歩で線路や高架橋を点検。安全確認と通電作業が終わり次第、運転再開する。
 在来線も宮城、山形、福島県内で全線が一時運行を見合わせた。
posted by k at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 新規災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

土曜日東京にて地震ありましたね

たまたま、東京を離れ、ネット環境にもいなかったので、今回の地震についてはコメント遅くなりました。

5強の割には、あまり強くなかったようです。おそらく5弱相当でしょう。
阪神大震災の時の5とは相当違います。

怪我をされた方が大勢でてしまったことに反省すると共に、エレベーターが異常な数とまるなど、いざというときの大都市の弱さが露呈してしまった今回の地震でありました。

災害時には少しでも早く対処することが大事です。
posted by k at 15:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

懲りてないJR

JR福知山線、事故現場で特急が速度超過で緊急停止

 20日午後6時20分ごろ、兵庫県尼崎市のJR福知山線の脱線事故現場のカーブ手前で、新大阪発豊岡行き特急「北近畿」(7両)が走行中、旧型の自動列車停止装置「ATS―SW」が作動、非常ブレーキで緊急停止した。

 特急は約2分後、同装置を解除して運転を再開。乗客約150人にけがはなく、後続に影響はなかった。

 同社は「運転士のブレーキ操作のタイミングが遅れ、制限速度を超過した」としており、報告を受けた国土交通省は同社に厳重注意した。

 JR西日本によると、現場カーブは制限時速60キロ。ATS―SWが作動する速度は、余裕を持たせて70キロに設定しており、10キロ以上速度が超過していた可能性がある。特急が停止したのは、脱線事故現場の対向の下り線で、事故後、制限時速を超えた場合にも作動するようATS―SWを改良した機器を設置したばかりだった。

 同社は、運転士から詳しく事情を聞いている。


これは一体なに?
あまりにも再発が早すぎる。やはり遅れたら回復運転をしなければならない体質が改善されて
おらず、運転士が焦っている様子がありありとみえる。
賠償交渉も長引きそうだし、まったく懲りていないとみるのが妥当かもしれない。

そもそも賠償がいつまでたっても同じ額という考え方がおかしい。一定率での現在割引価値で判定すべきだと思う。そうしないと早く賠償を払うインセンティブがない。
忘れてはいけないものまで忘れてはいけない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。